オシャレなスーツの着こなしや種類

What's oshant

ホーム>スーツ

スーツ

スーツと聞くと堅苦しいとか、窮屈なイメージがあるという方もいると思います。しかしスーツもオシャレな着こなしでクールに見えるオシャレアイテムの一つでもあるのです。

リクルートスーツ等もみんな同じスーツと言った印象を受けますが、イメージを変えるポイントもいくつかあります。このポイントを色々と変えるだけでスーツの印象もだいぶ違ったモノになるので楽しむことができます。

また普段はカジュアルな格好しかしないといった人が、たまにスーツなどを着ている姿を見るといつもとは違って新鮮に見えます。しかもどんな場面でも着れて、ファッション上級者という印象も受けるスーツの着こなしや種類などを見てみましょう。

種類

リクルートスーツ

スーツと聞くとほとんどの方が頭に思い浮かべるのがこのリクルートスーツでは無いかと思います。会社の面接などで使ったりと言った感じのスーツですね。

このスーツはやはり会社の面接などで使うので、派手なモノではなく黒やグレー、紺と言った色がメインになります。ファッションと言うよりは仕事と言った感じの印象ですね。これに白シャツでネクタイを付ければ何時でも面説に行けますね。※ベルトの着用も忘れずに!皮製がベターです。

スーツ

リクルートスーツと何が違うのと感じてしまうでしょうが、スーツは上であげたリクルートスーツだけでは無く、ビジネススーツ、カジュアルスーツ、クラッシックスーツといった様に用途に合わせてのスーツスタイルが存在します。面接に付けていくだけがスーツでは無いのでリクルートスーツと分けて書きました。それぞれの場面で使い分けるのがスーツファッションでは無いかと思います。ネクタイやシャツ、スーツの組み合わせで、色々とオシャレなタイプにできるのも良いところでは無いでしょうか。

ズートスーツ

スーツのジャンルに入るのかはわかりませんが、一応スーツと付いているのでここで紹介するのは、極端に長いジャケットが印象的なズートスーツです。カラーも豊富でその特徴的な印象は、一度見たら忘れられないスーツです。他の人と違うスーツを探しているならこのズートスーツも見てみると良いかもしれません。

イメージを変えるポイント

スーツはオシャレを楽しむポイントとしてシャツやネクタイそしてスーツ自体の色や柄、ポケットチーフなどがあります。お洒落にイメージを変えたい。と思う、そんな時はで気分を変えてみたはいかがでしょうか?

これらの色を変えてみたり、ポイントを絞って柄物を取り入れてみたりすることで、同じスーツであっても印象が全く違うモノになったりします。あまりアクセサリー等を付けないスーツスタイルですからネクタイやシャツと言ったモノが違うだけで、その印象も大きく変わってくるのです。

またサイズもあまり大きくてダボダボのスーツより、タイトで細身のシルエットの方がスッキリとしてシャープなイメージになります。

ページTOPへ戻る

Favorite

プロジェクター・オーディオ買取専門サイト|アバック
https://www.avac.co.jp/used/user_data/purchase.php

最終更新日:2017/2/22